カメヤマ酵母の酵母と酵素ってどう違うの?

カメヤマ酵母の酵母と酵素ってどう違うの?

カメヤマ酵母の最大の特徴である生きてる酵母ですが、これは古くから発酵食品を製造する際に用いられてきた酵母のことを意味します。

 

通常一般的な他の酵素製品に含まれる酵母は体内に摂取した時の胃酸や、加工段階で行う熱処理などでその効能がすでに消滅している場合が多いと言います。その点、カメヤマ酵母の生きてる酵母は体内の胃酸や加工段階での熱処理に負けることなく、生きたまま腸内まで届くという特性を持っています。

 

最近ドリンクなどでも人気の酵素と酵母の違いが分からないという方が多いと思いますが、酵素とはタンパク質をベースにした高分子物質のことを意味しています。酵素を体内に摂取することで新陳代謝の活性化や健康促進などの様々な効能があることで知られています。

 

一方の酵母は発酵食品に含まれる生きてる微生物のことを意味する、いわば酵素を作り出す基盤となる成分だと言えます。そのため質の良い酵母を取り込むことでおのずと質の良い酵素を効率よく沢山体内で生み出すことができるのです。これが酵素と酵母の根本的な違いだと言えます。

 

またカメヤマ酵母には野菜から抽出した植物性ミネラルを余すことなく配合している点も特徴的です。シダ類やクマ笹・昆布やイチョウの葉など厳選された約30種類の植物由来の野草エキスをギュッと凝縮させています。そしてカメヤマ酵母は生きてる酵母と野草植物抽出ミネラルの他にも、12種類のビタミンに15種類のアミノ酸・ビフィズス菌にオリゴ糖などの栄養素をたっぷりと配合しています。

 

このような優れた栄養バランスの作用で作られたカメヤマ酵母は、1日に1袋を摂取するだけで体の中の巡りを整えて健やかな毎日をサポートする効果に優れます。また腸内環境の改善やダイエットなど女性に嬉しい美容効果を沢山秘めています。